マンション貸す決断は少しでも資産を殖やす目的です

コストカットを行えます

マンション貸す方がメリットが大きいコストカットを行えます資産形成には将来を含めて万全の対策で運営できています

マンションの間取りは3DK、水回りの設備も全て単独です。
5階の物件でもあったので古くてもマンションとしては人気があると判断された結果、家賃額は管理費を除いて85,000円で貸し出しを行えました。
入居者は直ぐに見つけてもらうことができ、事前にリフォームをした場所はありません。
初期投資がほぼゼロでスタートすることができ、後は例えばボイラーの破損で新品へと交換をしたり、ストーブの交換やブレーカーの交換などを行ってきた程度です。
住んでいた方が退去する際にも、全て不動産管理会社に任せることができたので、苦労せずに入金を確認するだけという流れで運営をしています。
退去者が出た場合は、管理会社の方で室内を点検し、汚れが目立つようであればクロスの張替えを行ったことはあります。
ここで注目したいことがあり、他の管理会社ではクロスの張替えは専門会社に委託をするという会社が多い中、お付き合いのある管理会社では自社内にリフォーム部を設けており、自社内だけで済ませることができるのでコストカットを行えます。